写真

温暖化から地球を守ろう

トップ 戦後史 核爆弾 温暖化 ダイナブック 自己紹介 お問い合わせ

日本は太平洋戦争でアジアの国々を侵略し、その支配下に置いてきました。そして敗戦後はアメリカの支配下にありながらも、欧米各国の歩んだと同じ道を歩きながら、いまの日本に到達しました。それは、公害、大気汚染、水汚染、核汚染の歩みでありその原因は大量エネルギー消費によるものであったといえます。2011年の福島第一原発事故を経験したにもかかわらず、その反省の糸口すら示されていず、更なる大量エネルギーを求めて、どうしたらいいのかということにしか目が行っていないのが現状ではないのでしょうか。
日本人としては、アジア圏には日本の30倍にも及ぶ人口を抱えている現実を考えなくてはならないという、彼らより先に大量エネルギーを消費してきた(している)ものとしての認識が必要であると考えます。 

引用及び参考書籍