降伏文書

降伏文書

1945年(昭和20年)9月2日 東京湾 ミズリー艦上

 以下のものはここに、合衆国、中華民国、及び英国の政府首脳が1945年7月26日「ポツダム」において発令し、その後ソ連が参加した宣言の条項を、日本国天皇、日本国政府、および日本帝國大本営の命により、それに代わり受諾する。

◎すべての官庁、陸軍および海軍の職員に対し、連合国軍最高司令官がこの降伏実施のため適当であると認めて自ら発令するか、またはその委任に基づき発令させたすべての布告、命令および指示を遵守し、かつこれを施行することを命令する。(略)

◎「ポツダム」宣言の条項を誠実に履行すること並びに、その宣言を実施するため連合国軍最高司令官またはその他特定の連合国代表者が要求するであろうすべての命令を発令し、かつそのようなすべての措置をとることを、天皇、日本国政府およびその後継者のために約束する。

◎天皇および日本国政府の国家統治の権限は、この降伏条項を実施するため適当と認める措置をとる連合国軍最高司令官の制限の下におかれるものとする。

大日本帝国天皇陛下および日本国政府の命により、かつその名において

重光葵

日本帝國大本営の命により、かつその名において

梅津美治郎

連合国軍最高司令官

ダグラス・マッカーサー(以下省略した)

(注)この文書で注目するところは、日本の「戦時体制の権力構造」がどうなっていたかが良く分かる点である。頂点に立つのが天皇であり(大日本帝国憲法第11条に規定されているとおり)、次に日本政府が置かれ、最後に軍部になっている。

◆←前のページ 次のページ→◆
←戻る