終戦の詔書

終戦の詔書(勅)

朕深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告グ

朕ハ帝國政府ヲシテ米英支蘇四国ニ對シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

抑ヽ帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ萬邦共栄ノ樂ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳ヽ措カサル所

曩ニ米英二(2)国ニ宣戦スル所以モ亦實ニ帝國ノ自存ト東亞ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ

他國ノ主權ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス

然ルニ交戰已ニ四(4)歳ヲ閲シ朕カ陸海將兵ノ勇戰朕カ百僚有司ノ勵精朕カ一億衆庶ノ奉公各ヽ最善ヲ盡セルニ拘ラス戰局必シモ好轉セス

世界ノ大勢亦我ニアラス加エ敵ハ新ニ殘虐ナル爆彈使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ慘害ノ及フ所眞ニ測ルヘカラスニ至ル

而モ尚交戰ヲ繼續セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ

斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子保シ皇祖皇宗神靈ニ謝セムヤ是朕カ帝國政府ヲシテ共同宣言ニ應セシムニ至レル所以ナリ

朕ハ帝國ト共ニ終始東亞ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ對シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス

帝國臣民ニシテ戰陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ

五内為ニ裂且戰傷ヲ負災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念スル所ナリ

惟フニ今後帝國ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス

爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ萬世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス

朕ハ茲ニ國體ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ

若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ亂リ爲ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム

宜シク擧國一家子孫相傳へ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ總力ヲ將來ノ建設ニ傾ケ

道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ國體ノ精華ヲ發揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ體セヨ

裕仁 御名御璽 

昭和二十年八月十四日

以下 総理大臣 海軍 陸軍、各大臣17人の署名

終戦の詔書訳

 私は、世界の情勢とわが帝国日本の状況をくわしく分析したところ、いま非常の措置をとっても、この状態を終わらせたいと思う。このことを、私を天子とあがめる忠誠心の厚い人民(以下〈臣民〉)に知らせる。 私は、帝国日本政府がアメリカ、イギリス、中国、ソ連邦の四カ国に対し、その共同宣言(ポツダム宣言)を受け入れることを通告した。
 帝国日本〈臣民〉の安らかな生活とすべての国が共に栄えて、安らかで楽しい生活を供にすることが、私の祖先から伝え継がれてきた訓えである。私はこのことを大切に守りたいと考える。
 かってアメリカ、イギリス二か国を相手に戦争を開始したのも、帝国日本の自存(いい解釈がない)と東アジアの安定を願ってのことであり、他国の主権をおしのけて領土を侵すことに、私の目的があったのではない。 そうであるのに、戦争は四年を経過し、私の陸・海将兵の勇ましい戦いと、私のすべての政府役人の働きと全国民の奉仕、それぞれが最善を尽くしているにもかかわらず、戦局は悪化している。 世界の情勢は、われに見方をしないばかりか、敵は新しい残虐な爆弾を使って、何の罪のない国民を殺傷し、その被害は知ることができないほどでである。
 このまま戦争を続ければ、わが民族を滅亡にみちびき、延べて人類の文明も壊してしまう。これでは、数知れない「民」を保ち天照大神に始まる私の歴代祖先の魂に、何をもってしても謝ることはできない。 これが、私の帝国政府として共同宣言に応ずるにいたった理由である。私は帝国日本と共にいつも東アジアの解放のために協力している同盟国に対し遺憾の意を表す。 帝国日本〈臣民〉として戦地、銃後の地で死に倒れた人とその遺族を思えば五臓が裂け、戦傷を負い、災禍をこうむり家業を失った人の再建にいたっては、私は深く心に思っていることである。思うに、今後帝国日本が受ける苦難はもとより普通ではない。
 私は、私の〈臣民〉の心の中を良く知っているが、時のめぐり合わせに従わざるを得ない。

 『堪え難きを堪え、忍び難き忍び』永遠の世のために世界が静かにおさまることを願う。

 私はここに『天皇制を継承して』〈臣民〉の厚い真心に頼んで〈臣民〉とともにいる。もし、感情の激するままいたずらに事を荒げたり、仲間同士で押しのけあって世情を乱す行為は、道徳を誤り信義を世界に失うことであり、私のもっともこれを戒めるものである。国を挙げて一家、子孫愛伝えて、しっかりと神の国の不滅を信じ、任務は重く、道は遠い。しかし、総力を将来の建設にかたむけ、正しい道を強くして、それを守り誓うこと。 天皇制の精華を活発にして世界の進歩に遅れないこと。私が意図する以上の事柄を〈臣民〉はよく理解して実行せよ。

 裕仁 昭和20年8月14日(1945年8月14日)

終戦の詔書を訳して

 神の言葉を普通の人々の言葉に翻訳することは、大変なことである。筆者は、この詔書を何度となく読むことによって、一応訳すことができた。一部分どう訳したらいよいのかわからないところがあったが、前後の文章とつながるように作文をした。

 この証書で述べられている一番重要な点は、「国体の護持」を守り、敗戦後も今までと同じに封建的社会体制を、今まで以上に発展させなければならないという主張であろう。そして、さらにこの「天皇制」の優れている「体制」をもっと盛んにして、世界の戦勝国との国力の競争に勝たなければならないとして自分(天皇)がこれからも日本の領主であることを主張する。  

 この詔書は1945年8月15日の正午にNHKによって全国に放送されたのであるが、当時の受信機は性能が悪く、天皇が何をしゃべっているのかわからなかった、と聞いている。しかし、筆者の考えでは今の良く聞こえる装置で聞いても、この内容を即時に理解できた日本人は皆無であったであろうと思う。それでも、当時の日本人はそれを理解し、その命令に従った。それだからこそ、今に至るも明治の大日本帝国憲法の精神を受け継ぐ、現行象徴天皇制憲法をいただき安楽に暮らしているのである。

 この文書を読み込んでいくと、この戦争が誰のための戦争であり、誰が被害を受け苦しまなければならなかったかが理解できるのである。

 かって映画作家伊丹万作は、「すべての戦争にはだます者とだまされる者がいて、だました者だけの責任を追及することは片手落ちではないか」といった。(2014年2月23日、赤旗12面 「波動」)この言葉が筆者の心に重くのしかかってくる。

◆←前のページ 次のページ→◆
←戻る