写真

今を識るため、戦後史をひもとく

トップ 戦後史 核爆弾 温暖化 ダイナブック 自己紹介 お問い合わせ

戦後史参考資料

 この戦後史を書くために使った書籍とウェブサイトは下記に記載しました。それぞれの内容・質の高さには驚く事ばかりでした。
 戦後史の項の[日本の敗戦]では纐纈厚さんの『「聖断」虚構と昭和天皇』を時間軸を8月15日に向けて揃えたものです。ほとんどの記述に引用させてもらいました。
 「労働組合運動」の項では、法政大学の大原研のウェブページからと、『東京電力研究(斎藤貴男著)』、『松川裁判から いま何を学ぶか(伊部正之著)』、から多くを引用させてもらいました。
 「マッカーサー」のマッカーサーと天皇の項では、『昭和天皇(ハーバート・ビックス著)』が大変参考になりました。また、連合国の天皇(制)考え方、憲法改革、対日占領政策、SWNCC作成過程では『天皇観の相剋(武田清子著)』を参考にしました。この『天皇観の相剋』は『東京電力研究(斎藤貴男著)』と共に私がこの「戦後史」を書こうとする主要な動機付けをした書籍です。そのためかあまり書籍を汚したくない私にとっては珍しく、手垢にまみれることとなってしまいました。今回参考、引用したほとんどの書籍は傍線と注釈記入や感想記入で散々足る状態を呈しましたが、それぞれの著者の方々は、それを許してくれることと思っています。
 「レッド・パージ」の項は、『日本の黒い霧(松本清張著)』、『吉田茂=マッカーサー往復書簡集(袖井林二郎著)』、『日本共産党の八十年』『東京電力研究(斎藤貴男著)』、『戦後史の汚点(明神勲著)』と多くの書籍を参考にし、またそこから引用させてもらいました。『戦後史の汚点』はこのレッド・パージがほとんど書き終えたころに、新聞=赤旗の書評欄で知るところとなり、全体の文章との関連で筆者の考えとの食い違いがあると思われますが、参考、引用させてもらいました。レッド・パージの本質はこの「戦後史の汚点」が主張するところが正しいことに間違いはないと思います。
 全体を通して『占領と民主主義 神田文人著、小学館、〈昭和の歴史〉第8巻』は、大変良い参考になりました。また多くを引用させてもらいました。お礼を述べさせていただきます。 戦後史目次>◆

引用及び参考書籍

__書籍名_____著者____出版社___備考

天皇観の相剋___武田清子__岩波書店

日本の黒い霧___松本清張__文藝春秋__上下2巻

天皇の昭和史___藤原 彰__新日本出版社

戦後史の正体___孫崎 享__創元社

占領と民主主義__神田文人__小学館__「昭和の歴史8」

私の戦後六十年__不破哲三__新潮社

日本共産党を語る_不破哲三__新日本出版社_上

日本国民の世界史_上原専禄編_岩波書店

日本人の戦争__ドナルド・キーン_文藝春秋

昭和天皇___ハーバート・ビックス_講談社_上下2巻

_____書籍名_____著者___出版社

不破哲三 時代の証言__不破哲三_中央公論社

「聖断」虚構と昭和天皇__纐纈 厚_新日本出版社

昭和天皇・マッカーサー会見__豊下楢彦_岩波書店

松川裁判からいま何を学ぶか_伊部正之_岩波書店

「東京電力」研究 排除の系譜_斎藤貴男_講談社

戦後史の汚点 レッド・パージ__明神 勲_大月書店

吉田茂=マッカーサー往復書簡集_袖井林二郎_講談社

日本共産党の八十年____日本共産党_中央委員会出版局

オリバー・ストーンが語る もう一つのアメリカ史_早川書房

ウェブサイト

Wikipedia 、法政大学大原社研(OISR.ORG) 、 国会図書館、他